トイレのつまりとは

日々トイレを使っていると、ときどきつまってしまうことがあります。ひどい場合では水が逆流したりするなど、使えなくなってしまうことがあるのです。しかしながら、じつはトイレがいきなりつまるということはほとんどなく、必ず原因があり、日々の蓄積によりなってしまうものです。たとえば、トイレが何らかの原因でつまっている場合は、完全につまる前に、水の流れが悪くなりはじめます。何か月か前から、水が流れにくくなったり、流れる音や様子がいつもと違ったりしていませんか?トイレのつまりは少しずつ、少しずつ悪化していくことがあります。

しかしながら、急につまることもなくはありません。そのときはトイレに異変が起きていることもあるので注意する必要があります。トイレのつまりの原因は、じつにさまざまなところにあります。一般的なつまりの原因としては、日常的に流しているトイレットペーパーなどが挙げられます。数か月前から徐々につまっていく場合は、トイレットペーパーや便がつまってしまっていることがあるからです。排水管が汚れてつまってしまうことが原因となっているわけですね。トイレットペーパーを大量に流してしまうなどをする人は注意してください。

このように、一般的な使用でもつまることがあるのですが、トイレのつまりの原因はそれだけではありません。意外なものが原因になっている可能性があるので、ここではその原因や確認方法を解説しましょう。