意外な原因とは

トイレットペーパーや排泄物がつまってしまうこと自体は、残念ながら仕方がない現象ともいえます。これは、排水管に長年たまりにたまった汚れが流れを悪くし、結果的につまってしまうという現象がありえるからです。

しかしながら、これ以外が原因になっていることもあります。意外に多いのが、ティッシュペーパーがつまってしまうことでしょう。同じ柔らかい紙類だからといって気にしない方もいるかもしれませんが、ティッシュペーパーは水に溶けにくいため、流れを止めてしまうことがあります。トイレットペーパーが切れたから代わりに使ったりと知らないうちに使っていると、原因になっているので気をつけましょう。ほかにも流してしまいやすいものには、トイレ掃除のシートなどが挙げられます。注意してください。

これら以外につまるとすれば、それはあなたや家族が知らないうちに流れないものを落としているということが挙げられます。よくあるのは、ポケットに入っていたボールペンなどであったり、お子さんが遊んだ拍子に落としてしまったおもちゃだったりといったところでしょう。思いもしないものが原因になっていることがあるので、ありえないと思っても、一度調べる必要があるのかもしれません。

 

原因を調べよう

なんとなく原因の見当がついたら、実際にどうなっているのかを確認してみましょう。まずはゆっくりと水を流してみて、水が引いていく流れを見てみましょう。時間をかけてでも引いていくのであれば、紙類が大量につまっているなどの可能性があります。また、ぼこぼこと音を立てる場合でも紙類やそのほかつまっているけれども取り除きやすいものが詰まっていることも。これらの場合はラバーカップを使ったりして自分でなおせることがあるので、試してみることをおすすめします。

しかしながら、水がまったく流れなかったり逆流したりと大きく異常が見られる場合には、自分でなおすことが難しいかもしれません。大きなものがつまっていたり、紙類が固まってしまったりすることがあるので、修理を専門業者に依頼したほうがよいでしょう。

トイレのつまりにはさまざまな原因があり、自分では気づかないような意外な理由が潜んでいることもあります。だからこそ、いくつかの見当をつけ、自分でなおせるようだったら直し、難しければ専門業者に依頼してみてください。簡単な方法で直せなかった場合に、無理に直そうとして自分でいじってしまうと悪化してしまうことがあるので、それだけは気を付けておきましょう。

関連HP|トイレのつまりポータルサイト|水回りのカイケツ君